ウォーキング・デッドってオモシロイの?

出典: © 2010 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 

このページは『ウォーキング・デッド』を未だ視聴されていない方を対象に作成しています。どんなジャンルのドラマなのか?何故人気があるのか?どんなところがオモシロイのか?を解説していますので、視聴するかどうかを悩まれている方がおられましたら、もう少し読み進めてみてください。

 

スポンサーリンク

イントロダクション

世界を虜にしてきたサバイバル・ヒューマン・ドラマ

ベストセラーのアメコミ“The Walking Dead”を原作とし、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこるアメリカを舞台に、人間たちが時にぶつかりあいながらも生き抜く術を模索していく革新的ドラマ。

映画『ターミネーター』や『エイリアン』で有名な制作総指揮のゲイル・アン・ハードを筆頭に、強力な制作陣が集結した本作は、映画さながらの劇的なストーリーとハイレベルな映像クオリティーで視聴者を魅了。企画は映画『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』の監督フランク・ダラボン、また、コミック原作者の人気作家ロバート・カークマンは、脚本や制作にも参加し、原作の別バージョンとも呼べるようなドラマならではのストーリーを紡ぎ出す。極限に追い込まれた人間の心理描写も高く評価され、全米ケーブルTVでの史上最高視聴者数を記録*!世界中が注目する驚異の大人気シリーズ!!

*S5第1話1,730万人を獲得(米ニールセン調べ)

©FOX Networks Group JapanAll rights reserved. より引用

 

私自身は「ゾンビ?ホラー?あんまり興味が湧かないな」というのが正直な意見でした。偶然深夜の民放で『シーズン1』をチラっと見たのがキッカケで『ウォーキング・デッド』を見始めました。

 

衝撃的な映像で視聴者を驚かせるだけのホラードラマというよりも、もちろんそういう映像も多少あるのですが、例えば邦画のホラーが苦手な私でも、深夜に照明を消しておつまみを食べながら視聴出来る映像レベルです。

 

シーズン毎には様々な生存者が加わってくるのですが、心強い仲間になったり、問題を引き起こすトラブルメーカーだったり、時には主人公グループの驚異的存在になったりと個性豊かです。

 

お気に入りのキャラクターが犠牲になって落ち込んだり、ムカつくキャラクターにイライラしたり、まさか自分がこんなにも感情移入してしまうとは想像出来ませんでした。

 

1話視聴しても続きが気になって、またすぐに次の話を視聴してしまう。結局のところ、シーズン1からシーズン8まで毎日寝不足になりながら『イッキ見』してしまいました。

 

ひとつ残念だったのは、周囲に『ウォーキング・デッド』を視聴している友人・知人が居なかったことです。

 

そこで感想やレビューを書いておられるブログやSNSを探して読み漁りました。人によって感じる部分が似ていたり、違っていたりして自分の中では更に面白さが倍増していきました。

 

現在(2019年11月現在)、ドラマのストーリーはどんどん進行中です。また、スピンオフ作品の『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』も同様に進行中です。更には新たなスピンオフ作品や映画企画も決定しています。

 

このページを見て興味を持たれたなら、まずは海外ドラマ『ウォーキング・デッド』の『シーズン1(全6話)』を視聴してみては如何でしょうか?

 

お得に視聴出来る方法を『オススメの動画配信サービス』で紹介しています。1話当たり45~50分程度ですので、アッという間に視聴出来ると思いますよ!