フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第3話 感想・レビュー

2019年9月27日

第3話 詐欺師の峡谷(Humbug’s Gulch)

脅威から逃れるため安全な場所に逃げ込んだジューンとジョンは自暴自棄になった生存者と出会う。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド – シーズン5 – Amazonプライム・ビデオ より引用

 

突然居なくなったアルを探さないといけないんだけど、今ひとつ焦っている気がしないのは何故だろう・・・。

 

しかし、今回は彼との再会。そして、カッコイイ銃撃シーンを楽しめます!

 

この記事は、フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第3話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

第3話 感想・レビュー


妻シェリーが見つからず、自暴自棄になった生存者ドワイト。 Fear the Walking Dead, Humbug’s Gulch より – © 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 

誰の仕業なのか、内臓で繋がれたウォーカーを次々と処分するグループのみなさん。せっせと頑張っています。地図に処理済みマークを付けていくと、円を描くような形になりました。

 

その円の中心部にアルが居るかもしれないと、ジョンとジューンは捜索を開始します。すると、砂嵐が吹き荒れる西部劇のテーマパーク"ハムバグ・ガルチ"を発見しました。

 

う~ん、ワクワクすっぞ。このBGMと演出w 今までには無い感じですよね?

 

そのテーマパーク"ハムバグ・ガルチ"でライフルや銃弾などを発見する。どうも、ジョンは過去にここで働いていたらしいけど、ジューンに何故か話したがらない。「ガンマンのアルバイトをしていたよ。てへっ!」って言うのが恥ずかしいのか?

 

そして、シーズン5の予告でも話題だったドワイトが登場!本家からこちらへ来て、妻のシェリーをずっと探しているみたい。まぁ特にお気に入りって訳ではないけど、知っているキャラクターなので、なんだか懐かしいような、嬉しいような複雑な気分。

 

場面は変わってアリシアとルシアナの乗った車は、釘の仕掛け罠を踏んでパンクしてしまう。その後をモーガンの車が追いかけてくるのが解っていながら、その罠を放置したのだけど、モーガンはすんなり車で追いついて来た。なんで車無傷やね~ん!

 

再度、ドワイトたちの場面に戻る。ドワイトはジョンとジューンの助けを拒んでいたけど、結局はジューンに説得される。ここからウォーカーに囲まれたドワイトを救出するのだけど、謎にカッコイイ演出が再び。ジョンが活躍します!

 

“サンアントニオ・スプリット"だ ⇒ ジューンは満面の笑みw

 

“リボルバーのサム"そのステージネームで時々、芝居に出てた ⇒ ジューンはまたもや満面の笑み。そしてチュウ。

 

そこにモーガンご一行が到着し、ドワイトと再会する。モーガンは嬉しそうな表情していますね。ドワイトはというと・・・、妻のシェリーと合流出来るシナリオはあるのでしょうか。そういえば、シェリー役だった女優さん綺麗な方だったという記憶。出来ればウォーカーでは無い"生身の人間"でいて欲しいと願います。

 

グループは血だらけのディラン(第1話登場のメガネの少年)を見つける。マックスとアニー(第1話登場の少年少女)は、ウォーカーの内臓を繋ぎ通行止めポイントを作っていた。

 

えっ?これって子どもたちの仕業だったのか?高い所にウォーカーの頭部を吊っていたのも、この子どもたちなのだろうか?もしかして、誰かの手伝いをさせられているのか?

 

今回はアルの行方も謎もほとんど解明されないまま、只々、ジョンだけがカッコイイ回でした。