フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第4話 感想・レビュー

第4話 タイヤ痕(Skidmark)

ストランドの救助活動が難航する中、チャーリーは友人を得る。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド – シーズン5 – Amazonプライム・ビデオ より引用

 

今回は感想・レビューの前に気になることが1つあります。それは、第4話の邦題は『タイヤ痕』であっているのか?ということ。

 

第2話と今回の第4話でダニエルが連れていたニャンコを『スキッドマーク』と呼んでいました。そして原題は『Skidmark(スキッドマーク)』です。

 

ニャンコのことは後で述べるとしまして、第4話を最後まで視聴して、私が見落としているのかもしれませんが、『タイヤ痕』が印象的なシーンは無かったのです。どちらかと言うとニャンコの方が存在感ありました。これって題名『スキッドマーク』の方が合ってるよw

 

そこで複数のサイトで『Skidmark(スキッドマーク)』の意味を調べてみたら、訳はタイヤ痕、タイヤのスリップ痕とされていましたが、スラングまたは俗語として、『パンツに付着したう〇こ』とも紹介されていました。

 

もう1度言います。邦題の『タイヤ痕』はやはり違和感があります。ひょっとしてスラングを題名にするのは、日本では下品なので、このようになったのかなと思います。アメリカでは、スラングの意味のほうで通っているのかな?

 

あとは『Amazonプライム・ビデオ』と『Fox』で日本語題名が異なっているため、『Fox』でシーズン5を配信したら『スキッドマーク』になるかもしれませんね。

 

ずいぶん前置きが長くなってしまいました。

 

この記事は、フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第4話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

第4話 感想・レビュー


ウォーカーに襲われているアニーを助けようとするマックス。 Fear the Walking Dead, Skidmark より – © 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 

第2話で諦めたのかと思っていたダニエルの小型飛行機をストランド、チャーリー、サラ、ウェンデルは倉庫から盗もうとしていました。咄嗟に隠れようとしたチャーリーがダニエルの車に忍び込んだんだけど、すぐにバレてしまいました。そんなにスゴイ人には見えないけど、元CIA工作員の嗅覚だろうか。個人的にはけっこうスキな‟おっちゃん"です。

 

チャーリーは、ダニエルが倉庫の以前の所有者の仕掛けた罠を解除することを使命としているのを知る。途中、その罠の解除に失敗して二人はウォーカーの群れに追われる羽目となってしまいます。ストランドはダニエルを助けるため、小型飛行機のプロペラでウォーカーの群れを全滅させるが、小型飛行機は激しく損傷してしまう。

 

そりゃ、そうだろうよ!使い方を激しく間違ってますよ!

 

ダニエルはストランドたちに倉庫を明け渡し、ずっと連れ添っていたニャンコの世話を頼んだ。やらなくてはいけないことのために出て行くらしい。

 

ニャンコはダニエルにすごく懐いていて、罠の解除の際にもウォーカーの気を引いて囮になったり、いい相棒だったのに寂しいじゃねぇか!しかもニャンコはエサに夢中でダニエルが出て行くところ見てないし~。

 

やっぱり今回の題名は、私の心を揺さぶったこのニャンコのことじゃね?少なくとも私個人としては、このニャンコの今後がとても気になります。

 

場面変わって、モーガンとアリシアはウォーカーに襲われていたマックスとアニーを助けるが、銃を構えた多数の子どもたちが現れ包囲される。しかし、子どもたちは敵では無く、自分たちの身を守るためにウォーカーの柵を作っていたみたい。

 

その子どもたちの案内で、アルを拉致したグループのキャンプへ連れて行ってもらうが、ヘリコプターが飛び去るところに遭遇し、モーガンとアリシアは驚く。その機体には、アルが拉致される直前に撮影していた‟謎のマーク"があった。

 

これで1つ謎は解けました。ウォーカーを内臓で繋げたのは柵を作ってたのですね。シーズン5の"脅威"、"敵"はどんだけサイコパスなんだと予想してました。でも、多数の頭部を吊っていたのも子どもたちなんでしょうか?

 

ルシアナと‟ウソ"を正直に話した少年ディランは、壊れたアンテナを修理してストランドと連絡を取ることに成功したが、小型飛行機が壊れたことを聞く。

 

今回もダニエルとニャンコの‟スキッドマーク"の活躍があって楽しく視聴出来ました!シーズン5は今のところイイ出来だと思います。だけど、小型飛行機のプロペラでウォーカーの群れを退治するのは、ダメ、ゼッタイ。