フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第7話 感想・レビュー

第7話 耐え続けて( Still Standing )

ストランドとチャーリーは安全な場所を探す。一方、ジョンはドワイトを助けることになる。モーガンとアリシアは大きなミッションに立ち向かう。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド – シーズン5 – Amazonプライム・ビデオ より引用

 

前回、アリシアは子どもたちを追い、モーガンはグレースを追い、そしてストランドとチャーリーは放射能に汚染されたウォーカーの群れに追い詰められているところで終わりました。

 

そして今回はアリシアが、ウォーカーの内臓で繋がれた柵の前で、アニーら子どもたちに無線で呼びかけるところから始まります。

 

この記事は、フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5 第7話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

第7話 感想・レビュー


子どもたちの隠れ家に押し寄せてきたウォーカーと戦うアリシア。 Fear the Walking Dead, Still Standing より – © 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

 

すっごい数のウォーカー。斜めに奥にアッチにもコッチにも複雑に絡み合うようにウォーカーが配置されています。子どもたちだけで、よく出来たな?と感心します。

 

ストランドとチャーリーは汚染ウォーカーにどんどん追い詰められます。今回は冒頭からウォーカーだらけでジワジワと危険が迫るあたり、本来の"ウォーキング・デッド"らしい映像に感じます。

 

アリシアが子どもたちの隠れ家に辿り着く前に"汚染されたウォーカー"が繋がれているのを発見する。これって・・・、知らない間に子どもたちは既に被ばくしているってこと?血液におもいっきり触っていますよね?手袋かグローブのような物を装着していたのかな?見分け方を知らなかったのだろうか?

 

更に不運は続きます。アル、ジューン、ルシアナは小型飛行機の燃料タンクに穴が空いているのを発見する。補充するには航空燃料が必要なため、イザベル(第5話の登場人物)と行った補給所へアルとジューンは向かう。そこでアルはイザベルとの秘密をジューンにだけ話す。

 

ストランドとチャーリーは気球を壁にして汚染ウォーカーから逃れていた。ビニールのような生地なのに破けないのかい?そこに防護服を着たモーガンが助けにくる。倒したその場でモーガンはマスク取っちゃったけど、それでええんかい?しかも新しいモップの棒がまた汚染されてしまいましたね。このあたりの設定はゆる~い感じですw

 

でも今回はチョコチョコと小出しで色々発見があります。ウォーカーを内臓で繋いでいたのはディランの悪夢からだったこと。グレースがモーガンに伝えた車の在り処は、グレース自身が幸せだった頃に住んでいた家だったみたいです。

 

ジョンとドワイトは妻のシェリーを探し続けていたけど、メルトダウンが迫っていること知ったジョンはずっと隠し持っていたシェリーからの手紙を見せてしまう。ドワイトはシェリーの探索を諦めないけど、ジョンと共にジューンのもとへ戻ること決める。

 

モーガンは発電機の修理を手伝うためグレースのもとへ向かう。メルトダウンを遅らせてグレースと一緒に生き延びるための説得をする。モーガンは誰一人諦めることなく、みんなを救おうとします。んっ?本家ウォーキング・デッドでも同様の展開があったけど、今度は急に逆ギレとか覚醒とかありませんよね?モーガンさん?

 

子どもたち、ドワイト、そしてグレースは、それぞれモーガンたちグループのみんなに説得されて小型飛行機のある休憩所を目指す。

 

アリシアはアニーら子どもたちの隠れ家に着いて原発のメルトダウンの危険性を伝え、一緒に小型飛行機で逃げるよう説得する。アリシアは隠れ家に押し寄せてきたウォーカーと戦って子どもたちを逃がすが、汚染ウォーカーの返り血を浴びてしまう。

 

えぇぇぇ~~~っ!!!アリシアは死んじゃうの?クラーク家は全滅ですか?子供たちも汚染ウォーカーの内臓触っているけど、そのあたりどうなるんですか!アリシアも返り血を浴びたんだから、モーガンが第2話ですぐに除染シャワーしていたように、すぐに洗い流す努力してくれよ~。

 

そのままアリシアはウォーカーの群れを引き連れて遠ざけ、途中、小川で顔に付いた返り血を洗い流す。子どもたちは車でちゃっかり?休憩所に到着する。原発では警告音が鳴り、メルトダウンが始まった。

 

みんな集合が出来るのか?メルトダウンの脅威から脱出が出来るのか?次回が楽しみです!