ウォーキング・デッド シーズン10 第6話 感想・レビュー

2019年11月21日

第6話 秘密の任務(Bonds)

1人で町を出て行こうとするキャロルを見つけダリルが追う。彼女はニーガンの捜索だと言うが、本当の目的はアルファの大群の居場所を探ることだった。囁く者たちに捕まったニーガンは目隠しをされアルファの元に連れてこられる。ベータは信用できない男だと始末することを進言するがアルファは能力を試すよう指示する。アレクサンドリアでは原因不明の患者が急増。ユージーンは衛星の機材を送信機に利用した無線を完成させる。

ウォーキング・デッド シーズン10 – エピソード – FОXネットワークス より引用

 

前回、境界線を越えて囁く者たちに合流したニーガン。彼は昔の凶悪な自分に戻ってしまうのか・・。今週は常に騒がしいアイツが、ポケットナイフで野豚をメッタ刺しにします!?それってオイシイの?

 

この記事は、ウォーキング・デッド シーズン10 第6話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

キャロルとダリル


ウォーカーの大群の居場所を探すキャロルとダリル。 The Walking Dead, Bonds より – © 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

キャロルのウソがバレッバレで、ダリルはちゃんと見抜いているようでした。キャロルの強みは相手を油断させて確実に目的を達成していくという流れだったと思うんですが、最近のキャロルは感情のまま行動していて、彼女の強みが生かされていないように感じます。

 

とは言っても、このコンビなら何か『やってくれそう感』がすごくあるんですよね~。アルファ&ベータとの2対2なら勝てちゃいそうな気がします。

 

2人の会話でダリルとコニーはどうなのか?って場面がありましたが、ダリルのシーズン1からの流れからだと恋愛関係には発展しないような気がします。コニーはとっても好感の持てる登場人物なので、イイとは思うんだけどね~。

 

ダリルの引き返そうとする合図を無視してキャロルは枝を踏んで物音を出してしまいます。境界線を越えた痕跡を残さないために囁く者とウォーカーには手を出さない予定でしたが、物音に反応した囁く者とウォーカーが2人に迫って来てピンチに陥ります。

 

ダリルは目の前に迫ったウォーカー1体を捕まえて腹を捌き、内臓を顔に塗りました。もがくウォーカーを羽交い絞めしながら、ダリルは息を潜めて何とかピンチを乗り越えます。

 

ダリルが合流場所に行くとキャロルは先に着いていて、ちゃっかり囁く者1人を拘束していました。キャロルは最初から囁く者を捕獲するつもりだったのでしょうか。拘束具(結束バンド)を見たダリルはやっぱりキャロルを信じきれない様子でした。

 

拡大していく感染

第5話でガンマがウォーカーの内臓を川にブチまけていたけど、やっぱりこれが原因でアレクサンドリアの人たちは次々と具合が悪くなってしまったのでしょうか・・・。

 

もしそうなら、汚染された水は飲んでもウォーカーにならないのかな?昔ヒルトップで傷口にウォーカーの血が付いてしまった人は深夜にウォーカー化していましたよね。水で薄まっているからセーフにしてくれる?

 

ガンマの川での行動をアーロンは見ていたのに、何故アレクサンドリアの住民たちに伝えてないのだろう・・・。早く伝えていたら、こんなに患者は増えなかったと思うんだけどね~。このままだと、誰か死んじゃいますよ?アーロンって、やっぱり残念なキャラなのかな~。

 

そういえば、ロジータは具合が悪くなってから、ココ(赤ちゃん)に母乳を与えてないのかな?まさかココに感染の影響が出てしまうとか無いですよね?

 

そして今回もセディクはPTSDの症状で苦しんでいます。自分のこの症状がアレクサンドリアの住民、そして我が子への脅威になってしまうのではと一時的にヒルトップに向かいます。

 

人の口元を見ただけでおかしくなってしまうセディクは、囁く者たちとの間で何か他に特別なことがあったのか?ひょっとして彼自身に何か問題が存在しているのか、まだしばらく続きそうな予感がします。

 

囁く者たちへの応募方法

 

Negan Gets Initiated Into The Whisperers In The Walking Dead – © 2019 Skybound, LLC

 

ニーガンは何か企んで囁く者たちに接近したのだと思います。「俺が知っている秘密を全て明かそう」って言っているけど、秘密って程の事もあまり無いような気もするし、そもそも大好きなジュディスを危険に晒すようなことはしないと思うんですよねー。

 

とにかくよく喋るニーガンと無口なベータは正反対の性格ですが、ふたりに共通しているのは、かなり利口なタイプの人間であることだと思います。もしかしたらアルファよりも、このふたりの方が厄介かもしれませんね。

 

アルファはニーガンが投獄されていたことを知り、アレクサンドリアを壊滅させることに使えると考え、ニーガンの能力を試すようベータへ指示しました。この判断が囁く者たちにとって、吉と出るか凶と出るか・・・。

 

軽快な音楽と共に、穴掘ったり、皮を剥いだり、遺体を運んだり、野豚を狩ったり、蒸し豚を作ったり・・・、こんなシーン見せられたら、ますますニーガンが憎めなくなってきたw (※日本語字幕はありませんが上のYouTube動画でそのシーンを見ることが出来ます)

 

元々ベータはアルファ以外の他者を信用しない人間だけど、おそらく直観的にニーガンのことを疑った目で見ていますよね。そんなニーガンに不信感を拭えないベータは、ウォーカーの群れを仕向けて始末しようとします。取り残されたニーガンはポケットナイフで必死に応戦!がんばれ~、ニーガン!!あれ?w

 

無線機とユージーン

ユージーンは第1話で回収した人工衛星の機材を利用して無線機の性能を向上させたようです。この無線機をいじくり倒していると、弱々しい声のロジータから無線が繋がり、何度もフラれた相手なのに懲りずにユージーンはその会話を楽しみます。

 

後で続きを話す約束をして一旦無線を切りますが、その後待っていても彼女からの無線はありませんでした・・・。ユージーン、ショ~ック!再び孤独感を味わうことになっちゃいました。ロジータに悪気は無かったんですけどね。

 

落ち込むユージーンは少しヤケになりながら無線を続けていると、知らない声の女性と無線が繋がる。夢中で喋り続けるユージーンは、相手の女性に好感を持ち、こちら側のコミュニティーについて色々話してしまう。

 

ユージーンが孤独を感じていたタイミングだったから、仕方無いのか喋り過ぎてしまったと思いますね。確か相手の女性は他の人にバレたらもう話せなくなるというような内容のこと話していたけど、それって協力的な組織には感じないですよねー。不幸な展開にならなければいいのですが・・・。

 

あと、この女性ってシーズン9の第16話の最後で繋がった無線の相手なのでしょうかね?違う人なのかな~?

 

俺のタマはバカでかい


ウォーカーの群れに置き去りにして、ニーガンを始末しようとするベータ。 The Walking Dead, Bonds より – © 2019 AMC Film Holdings LLC. All Rights Reserved.

ベータは「彼は弱かった」とテストの不合格をアルファに報告しますが、返り血を浴びたニーガンが無事に囁く者たちの元に戻って来ます。

 

「俺のマスクはどこだ?」「長いメジャーが必要だぞ」「俺のタマはバカでかいからな」ヒエ~ッ、謎にカッコイイ~!

 

ニーガンはアルファの目の前で跪き「あんたに従う」「あんたの望みどおり俺のすべてを捧げる」と言うと、アルファは独特の動きでキスでもしてしまうんじゃないかと思うほど顔を近づけると「シーッ」と言い、どうやら囁く者たちへの一員に認められたようです。

 

ニーガンが跪いている間の悔しそうなベータが笑えました。唯一心を許しているアルファに新たな協力者が現れてしまったのは、ベータにとって辛い状況だったと思います。アルファ、ベータ、ニーガンの三角関係は今後どうなるのか・・・?もぅええわっ!

 

第7話 予告編

 

「ウォーキング・デッド シーズン10」第7話『蘇る記憶』予告編 – FОXネットワークス