ウォーキング・デッド シーズン10 第9話 感想・レビュー

2020年3月2日

第9話 暗闇(Squeeze)

キャロルを追って入ったトンネルでくぼみに落ちてしまった一行。アルファが集めたウォーカーの大群はそこにいて一歩でも間違えば食べられてしまう状況に陥る中、アルファが現れ無言のまま去っていく。ダリルは出口があると確信し火の揺れを頼りに脱出への道を探る。アルファは領域内に敵がいたことで、敵のスパイが忍び込み大群の居場所を突き止めたと考える。だがニーガンはスパイは味方の中にいるはずだとアルファに忠告する。

ウォーキング・デッド シーズン10 – エピソード – FОXネットワークス より引用

 

いよいよシーズン10の後半スタートです。

第9話以降は物語が加速して、登場人物の出入りも結構ありそうですよね!?

 

それでもって邦題の『暗闇』なんですが、これってTV画面のことか?と思うぐらい暗闇タイムが長いです。では行ってみよ~!!

 

この記事は、ウォーキング・デッド シーズン10 第9話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

キャロルの叫び

崖の上に居るアルファを見上げるキャロルたち。 The Walking Dead, Squeeze より – Copyright © 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

第8話の最後でキャロルを追ったダリルたちがトンネルのくぼみに落っこちたところから再開のようです。たいまつを持って見下ろすアルファをキャロルが発見し、思わず叫んじゃいます。

 

こんな感情剥き出しのキャロルって珍しいですね。過去は誰よりも冷静だったのに。

 

脱出口を探すダリルたちは岩場を飛び移って移動することにしました。岩場の下には大群のウォーカーの手が伸びていてスリル満点のアスレチックみたい。

 

何とか第1ステージをクリア出来た一行は、マッチを使って風のある方向を探っていました。いつの間にか懐中電灯も持っていて、えらい準備ええやんか!

 

そして驚くことにキャロルが閉所恐怖症だったこと。そこにマグナが「なのに狭い所に入ってったの?」と視聴者の代弁をしてくれる。

 

キャロルってそんなキャラ設定でしたっけ?う~ん、思い出せません…。

 

そういえばダリルがキャロルに対して「報復ではなく未来のために戦う」って言ってましたね。昔のカールの言葉に似ていると思いました。ダリルも昔と比べて随分イメージチェンジですね。キャロル軽く返事してたけど、本当に分かったのかいっ?

 

その後もマッチで風のある方向を探っていたマグナのもとへ囁く者たちが襲い掛かって来ました!しかし、皆で軽~く退治。第2ステージクリアです。

 

まだまだダンジョンは続きます。これからどこへ向かうのか?と皆が頭を悩ましていたところ、ジェリーが矢印の標識を発見!謎解きもカンタ~ン!

 

スパイはどこに

アルファ、ベータ、ガンマは緊急のミーティング。「敵に見られている」とスパイが侵入したことを疑うアルファ。そして、ガンマの挙動不審な行動を疑うニーガン…。

 

アルファが用を足しているところにニーガンが来て、「スパイはキャンプの中にいる」とお節介なアドバイス。気を悪くしたアルファはナイフで脅してニーガンを不潔ゾーンへ突き落としました。キッタネ~ッ!

 

しかし、ニーガンへの態度から手のひらクル~で、アルファはガンマが疑わしいとベータに連れてくるよう命じた。アルファって頭の切り替えが早いですね~。

 

ジェリーの危機

ダリルは這いながら狭い通路を進むと、少し広い場所に出た。それに続く他の仲間たち。キャロルは閉所恐怖症に苦しみながら、何とかダリルに続く。何かの気配を感じたジェリーは足元をよく見ると、2体のウォーカーが追って来ていた。コニー、アーロン、ジェリーは先を急ぐ。

 

そういえば、シーズン10後半の予告動画でジェリーが苦しそうな表情していたけど、このシーンのことですよね。

 

狭い通路でジェリーが動けなくなっていると、遂にウォーカーが追いついてしまい、ジェリーの足をつかんでしまう。噛んでいるようにも見えます!ジェリーは身に着けていた武具を取り外し、何とか抜け出ることに成功する。靴には血が付着していたが、ケリーによると噛まれていないようだ。

 

めっちゃ焦った~~~っ!!私はジェリー推しなので、ここで脱落なんてしたら、かなり落ち込むところだったわ。まぁ、第3ステージクリアです!

 

少し広い場所に出たマグナは危うく崖から落ちそうになるが、ダリルに救われる。かなり高い場所まで来てたんですね~。更に人の手によって作られた坑道のような場所に出る。いよいよ第4ステージ突入です。この場所は、気をつけないと1つ間違えば倒壊する恐れがあるとコニーが注意を促した。

 

地上への出口を求め、慎重に土砂などを片付けていると、ケリーが木箱に入っていたダイナマイトを発見する。ジェリーは危険だから元の場所に戻すようケリーを説得。その様子を遠くからジッと見ていたキャロル。何だか嫌な予感…。

 

アーロンから休憩するように言われても働き続けるマグナは、ここに来る前にユミコとケンカしたことを後悔しているみたい。でも、今さら慌ててもなぁ~。

 

褒美を与える?

作業をしていたニーガンはアルファに呼び出される。ニーガンを前に歩かせ、その後をアルファが無言で付いていく。ニーガンは振り返らず前へ進むように命令されたが、「居心地の悪い沈黙が苦手なんだ」とアルファに告げてしまう。そこで立ち止まり、全裸になるようアルファに命令される。

 

ニーガンは何らかの罰があると覚悟し、ゆっくり振り返るとマスクと靴以外全裸になったアルファが立っていた!勇気ある忠告だったとスパイの件で褒美を与えるために呼んだらしい…。こ、これって視聴された皆さんの共通認識だと思うんだけど、一体何の罰ゲームなんじゃ!?ということ。昔は美人妻をかき集めて、ハーレム状態にしていたニーガンもこれでええんか?何か色々と気の毒に感じましたw

 

そして、二人は誰も居ない森の中で結ばれましたとさ…。

 

キャロルの行方

地上への穴が開いてケリーが周囲を見渡すことに。ダリルはキャロルが居なくなっていることとダイナマイトが無くなっていることに気付く。オイオイ、すごく嫌な予感すっぞ。

 

キャロルはひとり、ウォーカーの大群を見下ろせる場所に向かっていた。そこでダイナマイトに着火しようしたとき足を滑らせてしまう。そんなピンチにダリルが手を差し出した。

 

キャロルは群れの半分だけでも潰すことが目的だったようだ。ダリルは皆のところへ戻るよう説得していたとき、キャロルはダイナマイトをうっかり落としてしまい、爆発が起きる。坑道側も急激に崩れ始めてしまう。うわ~っ、キャロルって本当に残念なキャラクターになってしまいましたね。ダリルにあれほど言われていたのに…。

 

崩れようとする出口を慌てて柱で支えるジェリーとアーロン。コニーとマグナは、戻らないダリルとキャロルを探しに奥へ。

 

ケリーは一足先に地上へ出ると、囁く者たちが次々と襲って来た!立ち向かう姿がイイ意味でめっぽう男前。残ったダイナマイトに砂埃が落ちるシーンが入ったので、まさか爆発するのかと思わせて、ケリーとアーロンの囁く者たちを退治するシーンに。

 

ダリル、キャロル、コニー、マグナが出口付近に戻ってきた!ダリルとキャロルが次々と地上に出ていく。そんなとき、地下から囁く者たちが追って来た。マグナとコニーが応戦する。

 

何でそっちに行くのかな~!応戦なんかしないで脱出すれば、出口で囁く者たちを退治出来るじゃんか~!

 

ジェリーが崩壊寸前に地上へ出たところで、ダイナマイトが爆発しまう!出口は岩などで完全に埋もれてしまい、閉じ込められてしまったマグナとコニー。地下で生存しているか、生き埋めになったのか分からない状態に。

 

マグナとコニーって、どうなっちゃうんだろ…。マグナはともかく、コニーはすごくイイ人なのに…。何とか生きてて欲しいです!

 

この爆発音でウォーカーと囁く者が集まることを予測し、この場所を離れることに。第4ステージは完全クリアにはならず。ダリルに「私のせいだってことを皆に言ってよ」と頼むキャロル。ダリルは独りで別の入り口を探しに向かった…。

 

第9話は2人のオバサマに両陣営が振り回されっぱなしでした。マグナとコニーは生きてるのか、ダリルは独りでヤケになってないのか心配しちゃいます。そういえば、ガンマも単独行動しているんですよね。ベータが追って来てるようだけど、大丈夫なのでしょうか。次回が今から気になりますっ!

 

第10話 予告編

 

「ウォーキング・デッド シーズン10」第10話『忍び寄る影』予告編 – FОXネットワークス