ウォーキング・デッド シーズン10 第10話 感想・レビュー

2020年3月15日

第10話 忍び寄る影(Stalker)

囁く者の集団から姿を消したガンマがアレクサンドリアに現れる。アルファが集めたウォーカーの大群を捜しに出たダリル一行が洞穴に落ち、窮地に立たされていることを知らせに来たのだ。しかしゲイブリエルはガンマの言葉にはウソがあると言い、檻に入れ真実を話すように迫る。洞穴に取り残されたマグナとコニーを1人で捜しているダリルは居場所を聞き出すため囁く者のあとをつけ、ウォーカーを連れ出す洞穴の入り口を見つける。

ウォーキング・デッド シーズン10 – エピソード – FОXネットワークス より引用

 

第10話はハラハラドキドキした展開で、個人的にはとても面白かったです!これこそホラーというか、ウォーキング・デッドらしいエピソードに感じました。

その反面、物語自体は進んだようで進んでいないような、まぁそんな感じですw お気楽にど~ぞ~!

 

この記事は、ウォーキング・デッド シーズン10 第10話 までの ‟ネタバレ" が含まれる内容となっていますので、視聴後にお読みいただくことをオススメいたします。

なお、知りたくない方は、この記事から ‟戻る" か、そっと ‟閉じて" ください。

 

スポンサーリンク

危機的状況の知らせ

ガンマがアレクサンドリアにアーロンたちの危機的状況を知らせに来た。ゲイブリエルとロジータはガンマを信用出来ず、ガンマを檻に入れて真実を聞き出そうとする。

 

とにかくゲイブリエルが見た目といい、セリフといい、キモさが半端ないですけど。いい加減、ロジータは別れた方がいいんじゃないのかな?

 

んでもって、ロジータも血の気が強いというか、独り丸腰で来たガンマに殴りかかるなんて、この状況を冷静に判断したら、わざわざガンマがウソを言うために来るなんてオカシイと思わないのかな?

 

それとは逆に、ジュディスとメアリー(ガンマ)の会話には、すごくホッとしました。人間らしい部分を聞き出したジュディスには本当に脱帽です。これで小学生くらいの年齢なんですよね?おませんさん過ぎますw

 

ガンマはアーロンたちの窮地を助けるために囁く者たちから離れて寝返ったのだけど、結果的にそれが原因でアレクサンドリアの人たちが被害に遭ってしまったのは残念でした。

 

ダリルvsアルファ

ウォーカーの群れを背にアルファと戦うダリル。 The Walking Dead, Stalker より – Copyright © 2010-2020 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

ダリルは独り森の中でマグナとコニーを助け出すための場所を探していた。そこで洞穴からウォーカーの群れを連れ出すアルファと囁く者たちを発見する。

 

ダリルはマグナとコニーの居場所を聞き出すために奇襲をかけたんだけど、ウォーカーの群れや囁く者の手下が居たから仕方無かったのか、アルファを仕留めきれず、しかもお互いに大怪我を負ってしまいましたね。

 

周りの状況や目に血が入って視界が悪くなったりと、運が悪かったのかもしれないけど、中年オバサンに苦戦するダリルは見たくなかった…。昔はもっと強かったイメージがあるんだけど、もう歳なんですかね~。

 

キャロルも最近は弱体化してしまったように感じますし、もう頼れる存在が居ないですね。そういえば、ゲイブリエルがアレクサンドリアのリーダーみたいになっていることもあるし、力関係の平均値がダダ下がりということかw

 

それにしてもダリルの足から血が噴き出していて、意識が朦朧としている場面を見たとき、まさか今日でダリル退場とか無いよね?と内心不安だったのは私です。本音としてはドッグに助けに来て欲しかったw

 

女性たちvsベータ

 

Beta Rises From The Grave – Full Scene (The Walking Dead Episode 1010) – Copyright © 2010-2020 Skybound, LLC

 ベータはキャンピングカーの中から地下の隠しトンネルを通り、アレクサンドリア内に侵入した。その後、住居に侵入して町の人たちを殺し、ウォーカーに転化するのを待った。町の中が混乱し、警備が手薄になっている状況の中でガンマを探し出し、連れ帰る作戦のようだ。

 

いや~、墓の中から手が伸びたとき、誰かの遺体かダンテに殺されたお婆さんがウォーカーになるのかなって思っていたら、まさかのベータでびっくりした!しかも両手にナイフを構えたシルエットがちょっとカッコよかったっすw (※日本語字幕はありませんが上のYouTube動画でそのシーンを見ることが出来ます)

 

前にリディアを虐めていた野郎たち強がっていましたけど、アッサリ倒されていましたね。ベータが相手だから仕方無いけど、もうちょっとくらい抵抗しろよ~。

 

そしてベータとガンマ(メアリー)に割って入ったローラは、ベータと必死に戦ったが檻の中で地面に叩きつけられ、動かなくなってしまった…。

 

どうやらこれでお亡くなりなったそうです。余り目立つキャラクターでは無かったけど、聖域メンバーから仲間になって、けっこう役立つ存在に感じていたので残念です。

 

 

Beta Stalks Gamma FULL SCENE – The Walking Dead Season 10 Episode 10 – Copyright © 2010-2020 Skybound, LLC

助けを呼ぶガンマ(メアリー)に家の中からジュディスが「こっちよ」と声をかけた。その後を追って、家の中に侵入してきたベータはドアノブに手をかけた。 (※日本語字幕はありませんが上のYouTube動画でそのシーンを見ることが出来ます)

 

亡くなったばかりのローラと比較して申し訳無いんだけど、ジュディスが一緒だと何故かすごく心強く感じます。何かやってくれるという期待感どおり、ベータの胸に1発の銃弾を撃ち込み、その場からRJと避難しました。

 

これまた残念なんだけど、ベータは防弾チョッキのようなものを着込んでいて、一時的に気絶していただけで、逃げようとしたガンマを捕まえました。

 

ガンマのピンチに今度はロジータが参戦!次々と勇敢な女性たちがベータの相手になっているけど、頼れる男は居ないのかと思ってしまいます。よく見るとロジータの武器はギザギザが付いてて痛そうで、ベータの腹部にヒットしていましたね。

 

しかし、力の差なのかロジータも傷つき押し倒され、もうダメかと思ったときにガンマ(メアリー)が自分の首にナイフを当てて、「やめて。私を生かせと言われたはず。こっちへ来なさい」とベータを静止させました。

 

ロジータとメアリー

ベータはガンマ(メアリー)を連れて町を出たが、ゲイブリエルたちと遭遇してしまい、ガンマ(メアリー)を置いてその場を逃げてしまう。そして、アレクサンドリアに戻ったゲイブリエルたち。ベータが侵入したトンネルはダンテの仕業だったらしい。

 

これ独りで掘ったんかいっ?誰にも気付かれずにスパイ活動をして、オマケにこんなトンネルまで掘っていたなんて、どんな漫画やねん!

 

ロジータはココをゲイブリエルに預けて、ヒルトップに治療に行くらしい。って、ヒルトップに医者居たっけ?同じ馬車にはメアリーも乗り込んでいて、ロジータは握手を求めました。ベータとの戦いで信用してもらえたみたいですね。メアリーは今後頼れる存在になりそうな予感です。

 

そしてこの馬車には、ジュディス、アーロン、グレイシーも乗り込んでいたけど、主要キャラがヒルトップに集まり過ぎじゃないっすかね~。次の第11話ってヒルトップがメインの舞台になるのかな?

 

お父さんを殺せる?

お互いに大怪我を負ったダリルとアルファのもとにリディアが現れる。アルファは自分を刺し、囁く者たちをリディアが導いていくよう思いを伝えたが、リディアはそれに応じず、その場を去った。次にアルファが目覚めると、テーブルにはナイフで『あなたが唯一の道じゃない』と彫られていた。

 

結局のところリディアは母親を見捨ててダリルを救出したんだけど、まぁまぁデカイ体のダリルをよく運べたもんですね。1日見てただけで傷は癒えたんでしょうか。

 

ダリルは目を覚まし、リディアに「(母親を)殺したのか?」と尋ねたら「お父さんを殺せる?」と言い返されて、ダリルの目線が下向きになっちゃいましたね。お互いに親から虐待を受けた者同士だからこそ、その一言で全部分かってしまったんでしょうね。

 

それでは最後に、アルファが不気味な表情でブツブツ言っていた全セリフ(字幕版)をどーぞ。

 

「私はもう弱くない」「今までで最強だよ」「我らの大群が奴らを根絶やしにする」「敵の叫びが私への歌になるだろう」と言ってアルファが起き上がり、「我らは血を浴び我らは自由」「我らは何も愛さず我らは自由」「我らは何も恐れず我らは自由」「これは世界の終わり」「今は世界の終わり」「我らが世界の終わり」

 

あ~。何かもう…、呪われそうです。

 

第11話 予告編

 

「ウォーキング・デッド シーズン10」第11話『夜明けの明星』予告編 – FОXネットワークス